2011ULTIMATE関東オープン・WOMEN部門決勝戦

2011.02.17 Thursday

0
     WOMEN部門の決勝戦。
    過去2回はいづれも同一カード。
    東日本のライバル同士の戦い。MUD 対 HUCK 優勝を1回ずつ分け合っていた状態でありましたが、今回は3月のドリームカップにも参加する日本代表選手経験者を中心に結成されたスペシャルチームOBAの参加によってこの構図が崩れました。

    OBAですがMUDと準決勝で対戦。序盤に相手のミスもあり一気に6点を連取。その後、MUDも意地を見せ追い上げたが11-6でOBAが決勝に進出。

    反対の山は、昨年の全日本大会準優勝で関東オープンで優勝を果たしているHUCKが順当に決勝戦に進出しました。

    HUCK所属のメンバーも含むベテラン選手中心のOBAと、若手主体のHUCKの戦い。
    ベテランの技術に若さで対抗するといった構図。

    女子決勝.JPG
    序盤はOBAのべテランらしいプレーで得点を重ねていくが、HUCKも負けじと怪我から復帰した中澤選手のシュートなどから得点をし、一進一退の攻防が続きました。

    女子決勝 (2).JPG

    女子決勝 (3).JPG

    中盤から終盤にかけてOBAのゾーンディフェンスなどにHUCKは苦しめられ、ミスなどから点差をつけられ、粘りはしましたが10-6でOBAの優勝で幕を閉じました。

    女子決勝 (4).JPG

    個人賞には、オフェンスでは確実なつなぎをし、ディフェンスでも的確なポジショニングで終盤にはダイブカットも飛び出したOBA大山選手が昨年の敢闘賞に引き続いてMVPに。

    敢闘賞には持ち前のスピードでOBAのディフェンスを翻弄し続けたHUCK猪俣選手が獲得しました。

    今大会のWOMEN部門は、OPEN部門と違い社会人チームの奮闘ぶりが目立ちました。なかでも関東オープンまでの特別チーム スピカ☆ が昨年3位のTRIGO、新人戦準優勝の日本大学などを破り昨年から一つ順位を上げ4位に。来年は3位以内を目指して頑張ってもらいたいと思います。

    また学生チームも今大会を期に夏の学生選手権に向けてチームを作り上げていくことに期待したいと思います。

    最後に、雪が降るようなあまりコンディション的にも良くない状態の中、大会に参加していただいた選手の皆様。本当にありがとうございました。来年もぜひともご参加ください。

    また、雨が降る中、後片付けを手伝ってくれました文化シヤッター、OBA、MUD、獨協大学の皆様には大変感謝しております。ありがとうございました。

    WOMEN部門
    <優勝>
    OBA
    OBA.JPG

    <準優勝>
    HUCK
    HUCK.JPG

    <3位>
    MUD
    MUD.JPG

    <MVP>
    大山 愛友 選手 (OBA)
    おおやまあゆ.JPG

    <敢闘賞>
    猪俣 紗奈子 選手(HUCK)

    さな.JPG


    また来年関東オープンでお会いしましょう!
    会場.JPG
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL