2009WG日本代表チーム

2009.02.23 Monday

0

    今回行われた関東オープン。国内初お披露目となったWG日本代表。7月19日〜21日・台湾・高雄市にて開催されるワールドゲームズで藤井監督率いる日本代表は金メダルを目指して始動し始めいました。
    集合写真



    関東オープンでは日本代表チームへの募金活動も行い多くの選手が応援の意味を込めて協力をしてくれました。


    結果はすでにお知らせしております通りWG日本代表は文化シヤッターを決勝戦で破り見事に優勝を果たしました。

    競技写真

    競技写真

    <藤井監督のコメント>
    「この時期に大会を開催していただいた埼玉県協会と募金をしてくださった方々に感謝します。
    WG代表の練習は2回(4日間)だけでした、しかもミックスの為練習ではみんな戸惑いながらプレーしていた為うまくいかず幸先不安になっていました。取り合えず実戦を経験しないことには本当の課題は見えてこないと思いエントリーしましたが優勝という結果は選手たちも驚いていますし喜んでいました。また自信につながったと思います。しかしこの時期の他チームの仕上がりは万全ではなかったと印象を受けました。こちらも課題はまだまだ山積みですが公式戦を経験しチームとしてまとまりだしました。本当にすばらしい選手たちだと思います、本大会で金メダルを獲りますので本大会まで皆さんの御支援、御声援をお願いします。」

    OPEN部門のMVPには壱(ウノ)所属の平井 絵里 選手が選ばれました。
    MVP

    商品として埼玉県協会・北川辺町出身の深野 愛さん(MUD所属)から『深野米』が贈られました。お米を食べて世界で戦えるパワーを身につけていただきたと思います。

    また、埼玉県在住のWG日本代表・森 友紀 選手に対して応援の意味を込めて激励金をお渡しいたしました。
    ゆき

    <森 友紀選手のコメント>
    この度はご支援いただきありがとうございました。埼玉県代表として日本代表で頑張ります。そして、日本代表として世界一を目指します!台湾での応援もお待ちしておりまーす。」

    埼玉県民の代表としてぜひ金メダルを取ってきてほしいと思います。埼玉県協会では森選手をはじめ2009WG日本代表チームをこれからも応援していきたいと思っております。

    がんばれ!ニッポン!!


     

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL